本文へスキップ

堺市鳳の刺さないはり治療

ご予約・お問い合わせ ☎ 072-261-8989

治療内容

当院の治療

当院では東洋医学の理論に基づいた『漢方はり治療』を行っています。
『漢方はり治療』とは、脈やおなかの状態を診ることによって身体の状態や病の原因を見極め、
適切なツボを選んで鍼をすることで、気血の巡りを整えて本来身体が持っている自然治癒力(治る力・健康を維持する力)を最大限に引き出して治療する方法です。
症状のある部分だけを治療する局所治療とは違い、
病を根本から治していく全身治療ですので、慢性の痛みや体質改善などにも効果があり、再発しにくくなります。

不調の原因と症状について

なぜ身体の調子が悪くなるのか?原因は何なのか?それは肉体疲労、精神的ストレス、不摂生、気候の急激な変化など様々で、それらが複雑に合わさって身体に影響を与え調子が悪くなります。調子を崩した身体は元の健康な身体に早く戻りたいので、痛みやこり、便秘、不眠など様々な症状を出してサインを送ってきます。そのサインを放っておくとどんどん身体は悪化していき、さらに大きなサインを送ってきます。
ここで重要なのは、不調の原因と症状は別のところにあることが多いという事。「肩が凝るから肩をもむ」「眠れないから睡眠導入剤」、このように症状ばかりに気を取られてその場しのぎの手当てをして原因を放っておくと、先送りにした分治りも遅くなってしまいます。しっかりと原因に対応する治療をしましょう。

調子の悪い身体は例えるなら『絡まったヒモ』のようなものです。
少し絡まったくらいならすぐに解けますが、複雑に絡まったヒモをやみくもに引っ張ると余計に絡み合ってしまいます。身体も同じで症状が出ているのに放っておいたり、その場しのぎの間違った治療を続けていると、さらに治りにくい身体になってしまいます。
早めに身体からのサインをキャッチして、早めに適切な治療を受けて、整った健康な身体に戻しましょう。

使用する鍼・お灸

『てい鍼』という刺さない特別な鍼を使用しています。少ない刺激で大きな効果を出すことの出来る鍼です。

気血を巡らせることを目的としたお灸の熱刺激は熱くありません。
種類も様々で、効能や施術部位によって使い分けています。

かたおか鍼灸院かたおか鍼灸院

〒593-8326
堺市西区鳳西町1丁75-2
(JR阪和線・鳳駅 徒歩7分)
☎ 072-261-8989



東洋医学について
不 妊 治 療
患者さまの声